劇団
東大スタタリング

吃音持ちの学生による劇団です

当劇団について

「劇団 東大スタタリング」は吃音を持つ学生による自助グループ「東大スタタリング」の演劇部です。2016年に第1回旗揚げ公演を行いました。

第1回公演『ことばがひらかれるとき』では、『2016年の吃音者のリアル』を通じて、対話の難しさについて表現した作品を上演しました。上演は好評を得て、2017年に福岡県で開催される吃音者の全国大会で再演されることが決定しました。また、学内外の複数のメディアからも取材を受け、東大新聞・毎日新聞に、劇評つきの新聞記事が掲載されました。上演内容の一部は、2月3日と2月10日の24時50分に放送されるTBSの番組『ニュースなふたり』の中で、放送される予定です。



記事



掲載



一緒に活動してくれる仲間を募集しています!

クラウドファンディングで支援を募っています!

劇団員

山田 舜也
いんことは私のことです.

ソウ
これからよろしく!!

石橋優樹
吃音持ちの高校生で, 語学とアニメ(海外アニメも),お絵かきが好きな人間さんです. 今, 志望校に向けて, 猛勉強中でございます.

るんるん
美しいものは美しい.

団員
Coming soon!

団員
Coming soon!

公演


これまでの公演

  • 第一回公演『ことばがひらかれるとき 吃音者のリアルとは』2016年11月27日午後2時30分-3時30分@東京大学駒場キャンパス多目的ホール (駒場小空間)

お問い合わせ

入部, 撮影や取材についてお気軽にお問い合わせください. メッセージや励ましのコメントでもお待ちしております.

080-4741-0948

ut-stuttering@outlook.jp